オンラインショップ

メインビジュアル

Story

みなさまの笑顔がたちのぼる一杯を MY LIFE, MY COFFEE

コーヒーと暮らしのものがたりTOP > 2021年6月 丸美珈福便のご案内

コーヒーと暮らしのものがたり

今月の珈福便
2021-05-27

2021年6月 丸美珈福便のご案内

2021年6月 丸美珈福便 お届け銘柄のご案内です。

ご注文はこちらから!

6月珈福便紫陽花

<2021年6月お届銘柄>

1)ホヤ農園 ホンジュラス

この農園はホンジュラス・ラパス県の中部に位置する小規模農園です。

農園を譲り受けたばかりの若い世代の生産者が情熱を込め丁寧に生産したコーヒーです


収穫は4人だけで行われ、赤い実だけを厳選し摘み取られています。

その後、25日間かけてゆっくりと丁寧に乾燥させています。



ビターキャラメルのような、滑らかでほろ苦く甘い味わいと

ボディ感のあるしっかりとした飲み口が魅力。


1銘柄ステ

2)ノガラーニ農園 ペルー

近年注目の生産国ペルーにある家族で営む小さな農園で生産されたコーヒーの紹介です。

Carmen Vallejo Toledo 氏は今から 30 年ほど前に高地で

コーヒーや柑橘類、バナナなどの栽培を始めました。持続可能な農業に取り組み

その地域に生息する草花や動物、水資源、土地を大切にしています。

チェリーは厳選して収穫し発酵や洗浄においても適切な方法が用いられ

乾燥や保管も丁寧に行われています。

現在農園では手動の果肉除去機や木造の水路が精製過程において整備され

高品質なカップクオリティーを持つコーヒーが生産されるようになりました。



ブラウンシュガーのようなコクのある風味と

まろやかな口当たりでチェリーのような優しい果実感のある味わい。

2銘柄ステ

3)ラデラ農園 ケニア種レッドハニー コスタリカ

コスタリカのスペシャルティコーヒー業界の中心的存在でもあり、

コーヒーの輸出業者の社長も務めるメナ氏が管理をする農園です。

鑑定などの経験や知見を活かして農園運営をし、品質の確認や管理を徹底することで

毎年素晴らしいコーヒーを生産しています。



熟したカシスを思わせる甘く優しくまろやかな果実の風味、

溶かしたミルクチョコレートのような甘く滑らかな質感。


3銘柄ステ

4)紫陽花ブレンド

梅雨の長い雨にも耐え忍びながら可憐で、したたかに咲く紫陽花をイメージした

ほろ苦くバランスの良い味わいのブレンド。



4銘柄ステ

5)オルティガ農園 コスタリカ

コーヒーの実を収穫した後に、空気に触れさせない状態で発酵させる

最先端の技術であるアナエロビック(嫌気性発酵)製法を施したコーヒー

特徴的な風味を持ち、他の製法では決して再現できないような驚きがあります。



シナモンや桜餅の風味を思わせる、個性豊かな味わい。



5銘柄ステ
ページの先頭へ